競馬 利き酒
fx

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 中山記念 出走馬情報



2月末~3月上旬という開催時期、中山・芝1800mのコース設定で定着している中山記念は、今年で85回目を迎える伝統の古馬重賞。芝の中距離路線で現役最強クラスの大物が、その年の始動戦として出走するケースが目立ち、例年、ハイレベルなV争いが繰り広げられている。出走を予定していた昨年のJRA賞最優秀3歳牝馬アパパネが熱発の影響で急きょ回避となったが、今年もGI馬3頭を含む豪華なメンバーが顔を揃えている。

トラコミュ
中山記念 データ分析

トラコミュ

阪急杯 データ分析

トラコミュ

アーリントンカップ データ分析

昨年、皐月賞と有馬記念を制してJRA賞最優秀3歳牡馬のタイトルを獲得したヴィクトワールピサ(牡4・角居勝彦)が、2011年はこのレースから始動する。有馬記念から2か月ぶりの実戦だが、放牧で激走の疲れを取ったあとは順調に乗り込まれており、臨戦態勢に不安はなさそう。このあとは、3月26日に行われるドバイワールドC(メイダン競馬場・オールウェザー2000m)に挑戦する予定。海外遠征に弾みをつけるためにも、始動戦から好結果を出しておきたいところだろう。

キャプテントゥーレ(牡6・森秀行)は、2008年の皐月賞馬。その後に故障で1年以上の長期休養があったが、復帰後も2009年と2010年の朝日チャレンジCを連覇するなど、芝2000mでは現役トップクラスの実績を誇っている。前々走の朝日チャレンジCを約3か月ぶりの実戦で勝っているように、休み明けでも力を発揮できるタイプ。今回は昨年の天皇賞(秋)13着以来となる約4か月の休養明けだが、上位争いは必至だろう。

リーチザクラウン(牡5・橋口弘次郎)は、2009年の日本ダービー2着馬。同年のきさらぎ賞、2010年の読売マイラーズCと重賞タイトルも2つ保持しており、GI 勝ちこそないものの、現5歳世代を代表する強豪と言えるだろう。骨折明けで約半年ぶりの実戦だった前々走の阪神Cが7着、前走の京都金杯は4着止まりだったが、いずれも最後は目立つ伸びを見せ、優勝馬との差はわずかに0秒4。走り頃の叩き3走目となる今回は、さらにパフォーマンスを上げてきそう。

リルダヴァル(牡4・池江泰郎)は、メイクデビュー小倉(芝1800m)とオープン特別の野路菊S(阪神・芝 1800m)を圧倒的な強さで連勝した逸材だが、そのあと故障で約半年の休養を余儀なくされた。3歳春に復帰し、皐月賞6着、日本ダービー12着と、クラシックでは好結果を残せなかったが、NHKマイルC3着の実績があり、ハイレベルな現4歳世代でもトップクラスの素質を秘める。昨秋以降はオープン特別の 2010ファイナルS(阪神・芝1600m)で8着に敗れた以外、安定した走りを見せており、前走の小倉大賞典も優勝したサンライズベガとタイム差なしの3着。重賞タイトルに手が届くところまできている。

アロマカフェ(牡4・小島太)は、2010年ラジオNIKKEI賞の優勝馬。3歳の秋シーズンは、初戦のセントライト記念で3着とまずまずの走りを見せたが、父マンハッタンカフェとの2代制覇を狙ったクラシック三冠最終戦の菊花賞では11着に敗退。その後は放牧で疲れを取り、今年1月上旬に美浦トレーニング・センターへ帰厩。プール調教を併用しながら坂路で入念に乗り込まれている。明け4歳を迎え、芝の中距離に戻ってどんな走りを見せるか。大いに注目したい。

レッドシューター(牡6・藤沢和雄)は、3走前に1600万下のノベンバーS(東京・芝1800m)を制して、再びオープンクラスに復帰した。その後は、キャピタルS(東京・芝1600m)→ディセンバーS(中山・芝1800m)とオープン特別で連続して2着を確保しており、目下の充実ぶりが目立つ一頭だ。すでに6歳とベテランの域に入ったが、休養期間が長かったため、キャリアはまだ15戦。馬体もまだまだ若々しく、これから全盛期を迎えそうなムードが漂っている。

キョウエイストーム(牡6・中川公成)は、まだ重賞タイトルを獲得していないが、昨秋の京成杯オータムH、前走の中山金杯とGIII で2着2回。この2戦を含め、中山・芝コースで通算〔3・4・2・0〕と3着内率100%の安定感は特筆できる。今回はクラシックホース2頭を筆頭に強力メンバーが揃ったGII で、前走から相手関係が大幅に強化されるが、コース相性の良さを活かしての上位進出は十分に可能だろう。

マルカボルト(牡4・羽月友彦)は、先行しての粘り腰が持ち味のタイプ。前走のアメリカジョッキークラブCは6着に敗れたが、優勝したトーセンジョーダンとはわずかに0秒3差。オープンクラス昇級初戦で強力メンバー相手に差のない競馬を見せたように、重賞にめどを立てた内容と言えるだろう。全4勝を挙げている芝2000mがベストの距離だが、芝1800mでもマイペースで先行できるようなら、上位に食込むチャンスはありそうだ。

ミッキードリーム(牡4・音無秀孝)は、昨年1~3月に世代トップクラスの強豪と互角の戦いを見せていた実力馬。前々走500万下のつばき賞(京都・芝1800m、1着)ではゲシュタルト(のちに京都新聞杯優勝)を2着に退けており、前走の毎日杯では優勝馬のダノンシャンティ(次走のNHKマイルCを圧勝)の豪脚に屈したものの、しっかりと2着を確保している。今回は11か月の長期休養明けでさすがに割引は必要だろうが、底力は侮れない。

トーセンクラウン(牡7・菅原泰夫)は、昨年の中山記念の覇者で、同年の日経賞と2009年の福島記念でともに3着の実績がある。優勝した中山記念は不良馬場で極端に力のいる馬場状態だったが、後方から一頭だけ次元の違う伸び脚を披露し、5馬身も突き抜けるという圧勝だった。今回は約10か月ぶりの実戦で、調教の動きもまだ完調には遠い印象だが、馬場が悪化するようなら、大駆けがあるかもしれない。


http://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2011/0227_1/pickup.htmlより


★極秘情報★波乱の結末がマル見えな無料競馬サイト





【楽天競馬】が【楽天銀行(旧イーバンク銀行)】でご利用可能に!



<スポンサーサイト>

無料の究極競馬情報!!THE SNIPER

【速報】不況だから・・・ あの○○厩舎から極秘情報入手!公開決定☆

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
    リスクを抑えた小額投資で手厚くガッチリ堅実なプラス収支!!   
  まさにローリスクハイリターンの決定版!!資金激増!!鉄板コロガシ!!
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第85回中山記念データ過去10年の傾向

2011年2月27日2回中山2日  第85回中山記念(G2)中山芝1800m 4歳上 別定 中山記念は今年で第84回を迎える歴史あるレースです。 別定G2戦で実力馬が始動してくるレースで、レベルが高い重賞ですね。 個...

第85回中山記念(G2)2011 レースラップ(過去10年間)

2011年 第85回 中山記念 (G2) レースラップ (過去10年間) こんにちは てつです。 中山記念は、中山競馬場の芝1800m(Aコース)で施行されます。 4歳以上の別定戦。 【ラップタイム】 2001年 平坦戦 良 タイム1477 ハイペース 12.8-11.6-11.6-11.…

コメント

Secret

プロフィール

競馬予想男子

Author:競馬予想男子
利酒師として普段は活動していますが、競馬を小学校3年から始めました。しかし、それは「馬が大好き」という理由です。競馬の騎手も目指しましたが、身長オーバーで断念。ミホノブルボンとライスシャワーのダービーを的中させて、ライスシャワーの馬体が小さいのに、大きな馬たちに勝つ姿に感動。

コンカツにはオーネット

競馬と利酒でなかなか出会いが無くて・・・(涙)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
アクセスランキング
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター【訪問者さま】
現在の閲覧者数:
PING送信プラス
マクロミルへ登録

PING送信プラス by SEO対策

SEO対策:競馬
RSSプラス
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブログランキング2
いま一番読まれている記事
ブログパーツ
スポンサードリンク
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。