FC2ブログ
競馬 利き酒
fx

2011 日経新春杯 出走馬情報 JRA編 その1

GII に格付けされているハンデキャップ重賞の日経新春杯だが、ここ10年では有馬記念から中2~3週とレース間隔がそれほどなく、なおかつ翌週には中山競馬場でGII の別定重賞・アメリカジョッキークラブCが組まれているため、GI級と言える一流馬の参戦はあまり見られなかった。トップハンデ馬の成績を見ても、過去10年で2001年のステイゴールド(58.5キロ)しか勝っておらず、このレースで重賞初制覇を飾った馬が多いのも特徴的だ。しかし、今年の日経新春杯は例年に比べて様相がずいぶんと違う。登録メンバーを見ると、レース前から胸の躍るような顔触れが揃い、新春から見応え十分の激戦が期待できそうだ。


トラコミュ
京成杯 データ分析

トラコミュ

日経新春杯 データ分析


その中核を担っているのは、ハイレベル世代と評価されている現4歳牡馬の精鋭たちだ。特に注目を集めるのは、ハンデ次第で出走を決めるという昨年のジャパンカップ勝ち馬ローズキングダム(牡4・橋口弘次郎)の動向だろう。有馬記念を疝痛のため出走取消した影響はすでになく、3日には栗東坂路で4ハロン53秒9の追い切りを消化。9日にも坂路で同54秒6をマークと、その調整過程は順調そのもの。このレースでは初めてとなるジャパンカップ優勝馬が出走に踏み切れば、それだけで大きな注目を集めることになりそうだ。

ハイレベルな4歳世代の一翼を担うのが、前々走の鳴尾記念で重賞初制覇を飾ったルーラーシップ(牡4・角居勝彦)。前走の有馬記念では6着に敗れたが、激戦のダメージはほとんどなく、U.リスポリ騎手を新パートナーに迎えてこのレースに参戦予定だ。7日の1週前追い切りでは、栗東坂路で先行した併走パートナーを馬なりで楽々と捕まえる絶好の動きを披露。ラスト2ハロンのタイムは24秒9という出色のものだった。同じ角居勝彦厩舎のヴィクトワールピサと互角の評価をされている資質の高さは、このメンバーに入っても上位にランクされるものだ。

昨年の皐月賞2着馬ヒルノダムール(牡4・昆貢)は、必勝を期した前走の鳴尾記念でルーラーシップから半馬身差の2着に敗れ、有馬記念への挑戦を断念。GIIの日経新春杯から再スタートを切ることを選択した。前走から1か月以上開いた余裕のあるローテーションを組めたこともあり、調教でしっかりと負荷をかけている臨戦過程は好感が持てるもの。4日に栗東CWコースで行われた1週前追い切りは併走馬を一気に突き放す豪快な走りで、ラスト1ハロンの数字も11秒7という秀逸さだった。

昨春の京都新聞杯の勝ち馬で日本ダービー4着のゲシュタルト(牡4・長浜博之)も今年の飛躍が期待できる4歳馬だろう。前走の中日新聞杯(3着)後も調教のピッチを緩めておらず、CWコースで追い切った年末の追い切りに続き、明けて6日には栗東Dコースのニューポリトラック馬場で前走後2本目となる追い切り時計をマーク。5ハロン65秒1、ラスト1ハロンが11秒2というシャープな動きで、先行した併走馬に先着を果たしている。状態面はさらに上向いている印象だ。

昨年の菊花賞で勝ち馬のビッグウィークから0秒2差の3着に好走したビートブラック(牡4・中村均)は、続く前走1600万下のオリオンS(阪神・芝2400m)を制し、オープンクラス入りを果たした。この中間はじっくりと調整され、ここで重賞初制覇に挑む。昨年末から栗東坂路で好時計を連発しており、幸英明騎手を背に追い切った年明け4日の追い切りでも、坂路で4ハロン52秒0、ラスト1ハロン12秒7をマーク。以前とは明らかに違う迫力のある走りは、完全本格化の印象を強く感じさせるものだった。この強力メンバーが相手でも、その成長力は無視できないものとなりそう。

前走のステイヤーズSを制し、重賞ウイナーの仲間入りを果たしたコスモヘレノス(牡4・菊川正達)も、昨秋からの成長が著しい1頭だ。有馬記念出走のプランもあったようだが、陣営はこのレースに照準を定め、じっくりと間隔を開けて調整してきた。昨年末に前走後初となる追い切り時計をマーク、年明けの7日には美浦南Wコースでハードな併せ馬を消化している。京都遠征は昨春にオープン特別の白百合S(芝1800m、4着)に参戦して以来2度目となるが、当時とは馬の充実ぶりが違う。期待の大きな1戦となりそうだ。


ナムラクレセント(牡6・福島信晴)は、前走の中日新聞杯で6着に敗退。直線で思ったほど伸び切れなかったのは、道中でやや行きたがるような面を見せていたせいなのかもしれない。5日の1週前追い切りは栗東坂路で4ハロン52秒2と負荷も十分で、これが起爆剤になる可能性もありそうだ。2008年の菊花賞3着馬で、2009年の阪神大賞典と鳴尾記念でともに3着の実績があるだけに、侮れない存在だ。


http://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2011/0116_2/pickup.htmlより





【楽天競馬】が【楽天銀行(旧イーバンク銀行)】でご利用可能に!



<スポンサーサイト>

競馬で勝利の方程式を無料伝授

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
        勝利の方程式で高勝率の競馬を体感せよ!!
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
     勝利の方程式は長年作り上げた、自信の競馬予想スタイルで、
          今週も的中馬券を狙い撃つ!!
 勝利の方程式の買い目は、過去のレースデータ、血統、コース、騎手、
 調教師、あらゆる情報が成立した際に、鉄板予想として公開される!!
 オッズにとらわれない予想スタイルは、素人は勿論、競馬の専門家ですら
    的中が困難な、難解レースも当然のように的中させる!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


2010 朝日杯フューチュリティステークス 出走馬 その1

生きた樹木のクリスマスツリーとしては国内最大級のヒマラヤ杉にイルミネーションがきらめく師走の中山競馬場で行われる朝日杯フューチュリティS。昨年の覇者ローズキングダムは、3歳の今年に日本ダービー2着、菊花賞でも2着と好走したあとにジャパンカップを優勝、クラシックで惜敗した鬱憤を晴らした。このレースで好成績を収めた馬は、その後のビッグレースで大活躍を見せており、将来を占う意味でも重要な一戦と言える。

東京スポーツ杯2歳Sで圧勝を演じたサダムパテック(牡2・西園正都)。混戦の2着争いを尻目にリフトザウイングスに3馬身半の差をつけて、余裕十分にゴールを駆け抜けた。勝ちタイムの1分47秒3も2歳コースレコードに0秒4差と迫るもので、時計・内容ともに文句のない優秀なものだった。この時にコンビを組んでいたC.スミヨン騎手も「最後には凄い脚を見せてくれました。大きいところでも楽しみな馬です」と、同馬の能力を高く評価していた。まだ3戦のキャリアだが、完成度は非常に高く、瞬発力も一級品だ。

京王杯2歳Sを1分21秒8の好タイムで制したグランプリボス(牡2・矢作芳人)。好位を追走して直線で鋭い末脚を披露し、重賞初制覇を達成。メイクデビュー札幌(芝1500m)では、のちに札幌2歳Sを制するオールアズワンを半馬身差の2着に退けており、早くから素質の高さを示していた1頭だ。父はスプリンターズS2連覇を含む短距離重賞5勝の名スプリンター・サクラバクシンオー、そして母の父が万能タイプの名種牡馬サンデーサイレンス。初の中山・芝1600mも血統面から不安は少ない。

東京スポーツ杯2歳Sでは、優勝したサダムパテックと並ぶメンバー中最速の上がり3ハロン33秒7(推定)の末脚を繰り出して2着に追い上げたリフトザウイングス(牡2・橋口弘次郎)。騎乗していた武豊騎手は「道中は集中しきれていませんでしたが、最後は良く伸びてくれました。素質はかなり高いですよ」と、この馬の能力を評価していた。ハーツクライを父に持ち、今年の2歳馬の中でも上位にランクされる好馬体の持ち主。主役候補の1頭になりそうだ。

ディープインパクト産駒のリアルインパクト(牡2・堀宣行)は、前走の京王杯2歳Sで出遅れたものの、勝ち馬のグランプリボスから0秒1差の2着に詰め寄り、改めてその素質の高さをアピールした。メイクデビュー東京(芝1400m)でマークした上がり3ハロンタイムが33秒4(推定)、そして前走が同33秒5(推定)と、切れ味では今年の2歳馬の中でも屈指のものがある。半兄に2007年のオーシャンSを制したアイルラヴァゲインがいる血統で将来性も十分。

新潟2歳Sの2着馬マイネルラクリマ(牡2・上原博之)は、常に上位争いに加わっており、安定感は十分。特に好メンバーが揃った前走の東京スポーツ杯2歳Sでは、2・3着馬とタイム差なしの4着と接戦を演じており、1勝馬ながらも好勝負の期待がかかる能力の持ち主だ。前走で手綱を取った松岡正海騎手も「レース内容は悪くなかったし、これからが楽しみな馬です」と、この馬の将来性を高く評価していた。

アドマイヤサガス(牡2・橋田満)は、前走のデイリー杯2歳Sで優勝したレーヴディソールの切れ味に屈した形の2着だったが、この馬の力強い末脚も非常に目立つものだった。父のフジキセキは、1994年の当レースの覇者で、この馬も芝1600mで2戦2連対と条件はぴったり。馬体の良さはこのメンバーの中でも目を引く存在で、初の長距離輸送を克服すれば、GI 初制覇の可能性は十分あるだろう。

メイクデビュー函館(芝1200m)→函館2歳Sを連勝、無傷で重賞ウイナーとなったマジカルポケット(牡2・領家政蔵)。その後は放牧で英気を養い、このレースを目標に調整されてきた。過去の2勝はともに芝1200mでマークしたものだが、父はクラシックディスタンスで活躍したジャングルポケットだけに、マイルへの距離延長がマイナスにはならないはず。初戦が逃げ切り、そして2戦目が中団からの差し切りと、抜群のレースセンスの持ち主だ。

ロビンフット(牡2・堀井雅広)は、メンバー中最多の3勝を記録。オープン特別のラベンダー賞(函館・芝1200m)では、2歳コースレコードでV。前々走オープン特別のいちょうS(東京・芝1600m)でも上がり3ハロン33秒6(推定)の末脚を駆使して勝利を収めている。前走の京王杯2歳Sこそスタートで後手を踏んで6着に敗れたが、直線の伸び脚は鋭く、次走に繋がる内容だった。1200mから1800mまでの幅広い距離で連対をマークしているのは強味だ。


http://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2010/1219_1/index.html

★極秘情報★波乱の結末がマル見えな無料競馬サイト





【楽天競馬】が【楽天銀行(旧イーバンク銀行)】でご利用可能に!



<スポンサーサイト>

競馬で勝利の方程式を無料伝授

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
        勝利の方程式で高勝率の競馬を体感せよ!!
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
     勝利の方程式は長年作り上げた、自信の競馬予想スタイルで、
          今週も的中馬券を狙い撃つ!!
 勝利の方程式の買い目は、過去のレースデータ、血統、コース、騎手、
 調教師、あらゆる情報が成立した際に、鉄板予想として公開される!!
 オッズにとらわれない予想スタイルは、素人は勿論、競馬の専門家ですら
    的中が困難な、難解レースも当然のように的中させる!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


【阪神JF】ダンスファンタジアなどが登録

【阪神JF】ダンスファンタジアなどが登録

JRAは28日、第62回阪神ジュベナイルF(12月12日、GI、阪神・芝1600メートル)の登録馬を発表した。

トラコミュ
阪神ジュベナイルフィリーズ データ分析

GI2勝のダンスインザムードの初仔で2戦2勝のダンスファンタジア
オークス馬トールポピーの全妹アヴェンチュラ
新潟2歳Sを制したマイネイサベル
ファンタジーSの覇者マルモセーラ
デイリー杯2歳Sを快勝したレーヴディソール
アドマイヤグルーヴの仔アドマイヤセプター
など29頭が登録。

昨年優勝のアパパネはその後、3歳牝馬3冠を制している。果たして、今年はどの馬が2歳女王となるのか。


★極秘情報★波乱の結末がマル見えな無料競馬サイト



<スポンサーサイト>

競馬で勝利の方程式を無料伝授

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
        勝利の方程式で高勝率の競馬を体感せよ!!
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
     勝利の方程式は長年作り上げた、自信の競馬予想スタイルで、
          今週も的中馬券を狙い撃つ!!
 勝利の方程式の買い目は、過去のレースデータ、血統、コース、騎手、
 調教師、あらゆる情報が成立した際に、鉄板予想として公開される!!
 オッズにとらわれない予想スタイルは、素人は勿論、競馬の専門家ですら
    的中が困難な、難解レースも当然のように的中させる!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


2010 ジャパンカップダート 出馬討論

世界へと繋がるダートホースの頂上決戦!「第11回 ジャパンカップダート

加藤 8頭が挑戦してきたジャパンCとは対照的に、JCダートは外国馬がゼロだな

片桐 国内最強のエスポワールシチーも不在で、JBCクラシックを快勝したスマートファルコンもいません

加藤 混戦ムードだけにチャンスがある馬は多い。◎はシルクメビウス。昨年のこのレースはエスポワールの2着。JBCクラシックは休み明けのうえ、先行有利。それで4着だから力はある。ここを目標に状態は上向きだし、今年のメンバーならチャンス大だ

片桐 シルクは対抗ですが、速い時計になるほど強い馬。脚抜きがいい馬場なら、さらに楽しみ。本命はマルカシェンク。除外対象(繰り上がり順1位)ですが、出られると信じて

加藤 JCのマリヌスに続いて攻めるなあ(笑)

片桐 前回の武蔵野Sが見せ場十分。芝馬が初ダートで重賞挑戦したら、通用しないのが普通。それが、出遅れながら最速の上がり(3ハロン35秒2)を使って3馬身差の5着。ダートが合うと感じました

加藤 対抗は充実一途のキングスエンブレム。前走(みやこS2着)は位置取りの差。GIを狙える実力を付けている

片桐 ウォーエンブレム産駒は気性的にポカがありますけど、3回続けて堅実に走っています。▲は加藤さんと同じトランセンド。以前は気性的な課題がありましたが、ここにきて安定してきました。ハナを主張してマイペースに持ち込めば、しぶといし、侮れません

加藤 同感だ。アリゼオは、ダート巧者の多いシンボリクリスエス産駒。軽視はできない

片桐 クリールパッションの前回(みやこS9着)は落鉄。エルムSの時計は速いし、時計勝負なら出番がありそうです

加藤 キングスの兄でGI9勝のヴァーミリアンの評価は?

片桐 年齢とともにスピードが落ちています。去年は人気で8着。けいこは動かない馬ですけど、1週前の動きも良くないし、無印です


http://www.sanspo.com/keiba/news/101130/kba1011300506010-n1.htmより


★極秘情報★波乱の結末がマル見えな無料競馬サイト



<スポンサーサイト>

競馬で勝利の方程式を無料伝授

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
        勝利の方程式で高勝率の競馬を体感せよ!!
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
     勝利の方程式は長年作り上げた、自信の競馬予想スタイルで、
          今週も的中馬券を狙い撃つ!!
 勝利の方程式の買い目は、過去のレースデータ、血統、コース、騎手、
 調教師、あらゆる情報が成立した際に、鉄板予想として公開される!!
 オッズにとらわれない予想スタイルは、素人は勿論、競馬の専門家ですら
    的中が困難な、難解レースも当然のように的中させる!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


2010 ジャパンカップ 出走馬情報

「世界標準」を目指して1981年に創設された国際競走のジャパンカップ(GI)。30回と歴史を重ね、昨年まで海外馬が14勝を挙げたのに対し、国内馬は15勝とほぼ互角。最近10年では8勝と国内馬が断然の強さを示している。今年は11月28日(東京競馬場、芝2400メートル)に開催され、14日に締め切られた特別登録には国内11頭、海外9頭が登録した。そのメンツの豪華なこと。多彩すぎて絞り込むのが難しく、混戦のにおいがプンプン。果たして、1着賞金が2億5000万円と国内最高額のレースを制するのは…。(松本恵司)

トラコミュ
ジャパンカップ データ分析

http://sankei.jp.msn.com/sports/race/101121/rac1011211801001-n1.htmより

顔ぶれは超豪華

国内からの特別登録馬は
皐月賞馬ヴィクトワールピサ(牡3歳)
▽ダービー馬エイシンフラッシュ(牡3歳)
▽菊花賞馬オウケンブルースリ(牡5歳)
▽天皇賞・春馬ジャガーメイル(牡6歳)
▽凱旋門賞で内国産馬として初めて連対(2着)した宝塚記念馬ナカヤマフェスタ(牡4歳)
▽天皇賞・秋馬ブエナビスタ(牝4歳)
▽天皇賞・秋2着ペルーサ(牡3歳)
▽エリザベス女王杯2着メイショウベルーガ(牝5歳)
▽ダービー、菊花賞2着のローズキングダム(牡3歳)。

そうそうたる顔…いや“馬”ぶれ。なかなか軸馬を絞りにくい状況ではないか。

ただ、ここ10年でジャパンカップ(JC)3着以内馬の前走成績をみると、延べ25頭のうち21頭が4着以内だった-という特徴が挙げられる。2005年2着のハーツクライ、07年優勝のアドマイヤムーンは前走の天皇賞・秋で6着に敗れているが、ハーツクライは前々走の宝塚記念2着、アドマイヤムーンも前々走の宝塚記念1着などと、しっかり実績を残している。


消えるのは?

この条件に符合しないのが、天皇賞・秋18着のジャガーメイルと、前走の凱旋門賞7着のヴィクトワールピサか。さらに、ここ10年で優勝した日本馬8頭は前々走で3着以内、2着馬も9頭のうち8頭が前々走3着以内を勘案すると、ペルーサ、メイショウベルーガがふるいにかかる。

また、過去10年の3着以内馬の大半が前走で天皇賞・秋か菊花賞をステップに挑んでいる。すると、ブエナビスタ、ローズキングダムが残る。ただ、29回の歴史で日本の3歳馬が勝ったのは1998年のエルコンドルパサー、2001年のジャングルポケットの2頭だけなのだ。

エルコンドルパサーは現役当時スペシャルウイーク、グラスワンダーと並び称された実力馬。ただ、クラシック戦線に出走権のない外国産馬だったために日本では実力の一端しか見せられなかったが、フランスGIIフォア賞で1着、世界最高峰レースの一つ、凱旋門賞では日本調教馬として初めて2着の最高位に入った能力馬だ。ジャングルポケットはその年のダービー馬。JCではテイエムオペラオーに競り勝っている。

最近の3歳馬は能力の高さが評価される牝馬に対して、牡馬は評価はいまひとつ。皐月賞3着のエイシンフラッシュがダービーを制し、皐月賞馬ヴィクトワールピサはダービーで3着に敗れている。3強の一角であるローズキングダムは皐月賞3着、ダービー2着と2頭の後塵(こうじん)を拝し、神戸新聞杯でエイシンフラッシュを下して1着と雪辱したが、GI菊花賞では7番人気のビッグウィークの2着に敗れた。

JCでの信頼度からいえば、決して1番手には挙げにくい。すると、自然と押し出される形でブエナビスタに行き着く。そして、凱旋門賞で2着したナカヤマフェスタ。3歳時に激しい気性面が災いして結果を残せなかったが、4歳を迎えて今年は精神的に成長。6月のGI宝塚記念ではブエナビスタに競り勝ち、フォワ賞も2着と進境著しい。となれば、ブエナビスタ、ナカヤマフェスタで決まり、といきたいところだが…。


大本命にも死角

1984年のJCでは、前年の3冠馬でその年の天皇賞・秋を制したミスターシービーか、同年のクラシック3冠を無敗で制したシンボリルドルフのどちらかが優勝することを疑わなかっただろうが、1着に来たのは血統的に恵まれずに710万円で買われたカツラギエースだった(ルドルフは翌年優勝)。宝塚記念を制し、毎日王冠ではシービーを破って1着と結果を残していたのだから、勝っても不思議ではないが、単勝40・6倍のおいしい馬券だった。さらに88年にはオグリキャップが3着、93年ではダービー馬ウイニングチケットが3着だった。最近では2008年にNHKマイルC、ダービーを制し1番人気に支持されたディープスカイが2着と、人気を背負っても惜敗はある。

そこで、穴人気馬を狙う手も。前走の天皇賞・秋で道中の不利もあって6着に敗れたシンゲン(牡7歳)が面白いかもしれない。4度の骨折があり、実績的には見劣りするが、今年は9月の産経賞オールカマーで昨年の有馬記念、宝塚記念を勝ったドリームジャーニーを破っての1着。天皇賞・秋も1着ブエナビスタに0秒8差で、ダメージを受ける差でもない。前走3着以内が理想だが、天皇賞・秋では6~9着馬も過去10年で【2・1・1・22】の結果を残す。陣営も天皇賞・秋の際には「今年は競馬のあやで負けた」と実力負けではないとする。一考しても面白いかも。


【関連ページ】
2010 ジャパンカップ データ分析 その1
2010 ジャパンカップ データ分析 その2
【予想】2010 ジャパンカップ ブエナビスタ


★極秘情報★波乱の結末がマル見えな無料競馬サイト



<スポンサーサイト>

競馬で勝利の方程式を無料伝授

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
        勝利の方程式で高勝率の競馬を体感せよ!!
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
     勝利の方程式は長年作り上げた、自信の競馬予想スタイルで、
          今週も的中馬券を狙い撃つ!!
 勝利の方程式の買い目は、過去のレースデータ、血統、コース、騎手、
 調教師、あらゆる情報が成立した際に、鉄板予想として公開される!!
 オッズにとらわれない予想スタイルは、素人は勿論、競馬の専門家ですら
    的中が困難な、難解レースも当然のように的中させる!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


プロフィール

競馬予想男子

Author:競馬予想男子
利酒師として普段は活動していますが、競馬を小学校3年から始めました。しかし、それは「馬が大好き」という理由です。競馬の騎手も目指しましたが、身長オーバーで断念。ミホノブルボンとライスシャワーのダービーを的中させて、ライスシャワーの馬体が小さいのに、大きな馬たちに勝つ姿に感動。

コンカツにはオーネット

競馬と利酒でなかなか出会いが無くて・・・(涙)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
アクセスランキング
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター【訪問者さま】
現在の閲覧者数:
PING送信プラス
マクロミルへ登録

PING送信プラス by SEO対策

SEO対策:競馬
RSSプラス
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブログランキング2
いま一番読まれている記事
ブログパーツ
スポンサードリンク
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード