FC2ブログ
競馬 利き酒
fx

主なき馬房に花…オグリ「お別れの会」15日に

80年代後半に競馬ブームを巻き起こした“芦毛の怪物”オグリキャップの急死から一夜明けた4日、けい養先の北海道新冠町の優駿スタリオンステーションでは「お別れの会」を今月15日に行うことを決めた。また、レースを開催した函館、福島、阪神の各競馬場では現役時代の勇姿を大画面のターフビジョンで流し、関係者からは名馬をしのぶ声が相次いだ。

優駿スタリオンステーションではオグリキャップが過ごしていた馬房には新しい寝わらが敷き詰められ、窓から差し込む夏の日差しが、主なき馬房を寂しげに照らし出していた。その馬房前には特設の献花台が設置され、管理していた瀬戸口勉元調教師を筆頭にファンらの花が早朝から続々と届けられた。

スタッフの指揮を執る村田繁實社長は「最近まで元気いっぱい放牧地を走り回っていたのに…。突然のことでびっくりしている。でもオグリは多くの人に愛され大往生でしたよ」とファンに感謝した。

この馬房前の献花台も数日限り。今後は同馬が放牧されていた場所に新たな献花台を設置し、ファンを迎える。村田社長は「正式なお別れ会は15日に予定している。オグリキャップの全盛期をほうふつさせるにぎやかなものにしたい」と話した。

函館競馬場ではファン向けのイベントとして偶然にもメジロライアンが来場。オグリキャップの有終Vとなった90年有馬記念で3/4馬身差2着まで迫った2歳下の後輩馬。中央競馬の隆盛期をともに支えた存在だ。主戦・横山典が現役当時の勝負服で騎乗し、詰めかけた観衆から拍手を浴びた。新聞でオグリの悲報を知ったという横山典は「びっくりした。あれだけのアイドルホースだから残念。ライアンともライバルとして戦った馬だし、何とも言えない気持ち」と話した。

また、オグリの笠松所属時に主戦を務めた安藤勝は「のんびりとして手がかからない馬だった。暴れたりする馬じゃないから、事故で亡くなったとは信じられない」と無念の表情。「強い馬はこれからも出てくるだろうけど、あれだけ印象に残る馬はいないと思う。本当に凄い馬だった」とかつてのパートナーをしのんでいた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100705-00000050-spn-horse

tag : オグリキャップ

グッズ再注目…オグリキャップ追悼コーナー設置を検討

【オグリ急死から一夜】オグリキャップの関連グッズも再び注目され始めた。競馬開催日と重なり、各競馬場内の売店などでは多くのファンが手を伸ばした。中央競馬ピーアール・センター広報販売部では「ニュースで知った人がグッズを買われたようです」。週明けにも追悼コーナーの設置を検討する。また、89年10月の発売から、わずか1年で売り上げ約160万個(約60億円)を記録したぬいぐるみも4日午前からインターネットのオークションサイトで出品が急増。DVDなどとともに400点に迫る勢いとなった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100705-00000053-spn-horse

tag : オグリキャップ

オグリキャップ 笠松競馬場に献花台を設置 岐阜

競走馬オグリキャップの訃報(ふほう)から一夜明けた4日、デビューの地の笠松競馬場(岐阜県笠松町)に献花台と記帳台が設けられ、多くのファンが伝説の名馬をしのんだ。9日まで設置される

正面玄関脇のオグリキャップの銅像前に設置され、花束やニンジンなどが供えられた。この日、全国から訪れた107人が記帳した。岐阜市の会社員、西島宏之さん(52)は「オグリキャップが木曽川堤防を首を振りながら散歩していた姿を思い出します」と話し、銅像に手を合わせていた。【立松勝】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100705-00000001-maip-soci

tag : オグリキャップ

【七夕賞】セニョーラ雪辱期す

「七夕賞・G3」(11日、福島)

夏女アルコセニョーラが、ここにきて調子を上げている。前走のヴィクトリアMは17着に敗れたが、今回は古馬3重賞ですべて連対している得意の福島コース。6歳になるが、衰えはまったく見られない。今週から復帰する武士沢との名コンビで、昨年2着に敗れた雪辱を果たす。

  ◇  ◇

過去10年の優勝馬平均年齢が6歳。高齢馬が活躍するみちのく名物のハンデ戦で、昨年のリベンジに燃えている馬がいる。年齢の条件で言えばぴったり6歳のアルコセニョーラ。昨年は連覇のかかったミヤビランベリの2着に敗れたが、得意の福島で重賞3勝目を狙う。

これまで福島では〈2307〉の成績を残している。相性抜群とまではいかないように思えるが、重賞では07年福島記念優勝を筆頭に、09年福島牝馬Sと七夕賞で2着と力を発揮している。畠山助手は「差しが決まりやすい馬場はこの馬にとっていいですからね」と分析。小回りながら、開催後半になると外からの差しが当たり前のように決まるのが福島コースの特徴。先週からその傾向になりつつあるだけに、舞台としては申し分ない。

頼もしいパートナーも帰ってくる。6月13日東京1Rのレース後に馬にけられ、右足関節じん帯を損傷して休養していた武士沢が、今週から復帰することになった。いいところも悪いところも知り尽くしている相棒。これには同助手も「心強いですよね」と笑顔。好走の条件はそろっている。

“夏は牝馬”という競馬の格言はあるが、それを地でいくようなタイプ。過去の成績を見ると、暖かくなるにつれて成績は上向いている。「得意のシーズンだし、頑張ってもらわないとね」。円熟期を迎えた夏女が、今年もみちのくのファンを沸かせる。

http://news.livedoor.com/article/detail/4870576/

【七夕賞】前回王者ホッコーパドゥシャ始動

「七夕賞・G3」(11日、福島)

09年のサマー2000シリーズチャンピオンのホッコーパドゥシャ。今回はリフレッシュ放牧明けでの臨戦だ。

「ここから始動すると決めていたけど、この夏を乗り切るため、メイチの仕上げではない」と村山師は話す。小回りは得意で、コースレコード保持馬。叩き良化型とはいえ、少なくともコース相性はプラスに働きそうだ。「地力に期待」とエールを送った。

http://news.livedoor.com/article/detail/4870581/

tag : ホッコーパドゥシャ

プロフィール

競馬予想男子

Author:競馬予想男子
利酒師として普段は活動していますが、競馬を小学校3年から始めました。しかし、それは「馬が大好き」という理由です。競馬の騎手も目指しましたが、身長オーバーで断念。ミホノブルボンとライスシャワーのダービーを的中させて、ライスシャワーの馬体が小さいのに、大きな馬たちに勝つ姿に感動。

コンカツにはオーネット

競馬と利酒でなかなか出会いが無くて・・・(涙)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
アクセスランキング
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター【訪問者さま】
現在の閲覧者数:
PING送信プラス
マクロミルへ登録

PING送信プラス by SEO対策

SEO対策:競馬
RSSプラス
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブログランキング2
いま一番読まれている記事
ブログパーツ
スポンサードリンク
人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード